当世出産・育児体験記―0.はじめに

9月初旬、第1子となる長女を、骨盤位(いわゆる逆子)による予定帝王切開で出産しました。 すごく順調な妊婦生活だった中、強い意思で外回転術(後述)にもびくとも反応しなかった我が子は、すごく順調におしりから出てきました。 2カ月ほど経ち、里帰りしていた実家から自宅に帰って何とか生活しています。娘も日々成長していて、むしろ成長のスピードが早めみたいで、ずっしり重くなったために腕や肩に痛みが走ることもあります。 でも、出産育児って怖いもので、記憶が既にどんどん薄れていくのです。。日々の授乳とおむつ替えに追われて…。あと子どもかわいいのでそれで忘れられる部分も…。 ということで、覚えているうちに自分の経験を多少書き残しておきたいと思い、娘が授乳クッションの上で熟睡している時間を利用して、今回体験したことをまとめてみたいと思います。 というのも、まったく予備知識のない状態でいろいろなことが起き、その場に際して慌てて検索して情報を得ました。ただ今回妊娠・出産してみて痛感したのですが、この問題には宗教問題と同様の配慮が必要であるとは思います。あと、個人差が大きすぎるので、本当に「自分の経験」しか語れません。でも、世の中の先輩妊婦さん・お母さんのブログなどの経験談にも大変支えられましたので、ちょっと書いておきたいと思います。