「知的生活の設計」と、明示的に一歩を踏み出してみせること

最近の私 正直、体調も精神も絶不調でした。仕事的にはまあまあ順調でしたが、結構向き不向きについて考えさせられる出来事が積み重なり、気持ちがギザギザハートの子守唄状態になったり、天地人の与六*1状態になったりと不健康、周囲にも攻撃的になりそうに…

「ユルスナールの靴」と、心に残る文に出会える僥倖について

先日はてブ経由Twitterで「ユルスナールの靴」について触れ、数年ぶりに読んでみようと出してきていたものを、本日、次女の朝寝のベッドとしての崇高な使命を果たしつつやっと読めました。 「きっちり足にあった靴さえあれば、じぶんはどこまでも歩いていけ…

1歳2ヶ月児の選書による絵本リスト

うちの次女(現在1歳2ヶ月)はこよなく絵本を愛する幼児です。 朝起きると夫が絵本を読まされています。 寝る直前まで私も絵本を読まされています。我が家には長女用に買った本がそれなりにあり、対象年齢もそれなりに幅広く取り揃えている中で読む本を結構…

「小3の壁」と、教えることの個人性について

まーた書いてなかった(のっけから)。 とはいえ書こうと思ったときに書けるのが個人ブログのいいところなので、お昼休みを使って書こうと思います。 先日、我が家の小3女児が突然、 「キュリー夫人の次女は…」 と会話を始めました(小学生の会話とは往々に…

「ルールを作る」人をどう作るか―THE FOUR GAFAとこれから

先日仕事に使おうと思って久しぶりに 競争戦略としてのグローバルルール―世界市場で勝つ企業の秘訣 に目を通し、そういや自分もこういうことをしたくて blog.coquelicotlog.jp など書いていたなぁ、と思いだしていたところでした。 結果としては直接ルール形…

頑張る宣言(ついでにブログに記録する宣言)

1歳児の夜の頻回起床に負けていました(挨拶)。 仕事は何とか回しているけれど先取りできていないし(何があってもクオリティを落とさないために締め切りの3日前には終えていたいスタイルなのに)、その背景には1週間病児保育に通う羽目になった次女のRS&…

SHOE DOGを読んだ

各所で良いという評判を聞いていたので、Amazonのポイント還元も利用してSHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。作者: フィル・ナイト出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2017/10/27メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見るを読…

復職して1週間のメモ書き(家事編)

復職1週間を無事過ごしました! 近距離の出張にも行ったよ!*1 少なくとも1ヶ月は回してみないと現在の計画の見直しはしにくいので、微調整しつつこのまま来週に突入予定です。 復職後の感想箇条書き- 家族が健康ならば時短なしで何とかなりそう。健康ならば…

フルタイム共働きの買い物事情一例(スーパー、生協、Amazonなどなど)

深夜に書いたエントリが普段より読んでいただけてるようで、個人の経験でも書いたらある程度参考になるのかもしれんな、と改めて感じました。その過程で、 「買い物はどうしてるの?」 という質問をいただいたので、次女の昼寝の抱き枕になっている時間を使…

8年ぶりの育休復帰を物理で殴って倒す戦術と装備(立案編)

はじめに ゴールデンウィーク(の中休み)ですね。 この休みが明けると、私も10ヵ月の産休育休を終えて仕事に復帰致します。 ここ数週間は、時折会社とも連絡を取ったりして、やりたい仕事には手をあげたりもし、結果としてなかなかやることがいっぱいある状…

育休中の最後の平日を恬淡と過ごす

連休明けから復職なので、慣らし保育に次女を連れていって、少し家事をした後、平日休みにできることをやろうと、 ひとりランチ パスポート申請(妊娠中に期限が切れた) 本屋 子連れでは入れない喫茶店 をまとめて済ませにきた。 振り返ると、産休に入って…

8年ぶりのベビーグッズレビュー ー定番と進化とー

6ヶ月児の育児と入園準備と育休復帰後に向けた部屋の片付けと自らの体調不良(2週間ほど風邪気味)に追われてました。あまり勉強できてないのが不本意ですが、4月いっぱいあるのでそこで立て直したい。 さて、我が家は姉妹の年齢差がほぼ8年あり、これだけ離…

edXで"Data Analysis for Social Scientists"はじめました

修論が終わり、保育園も決まり、入園まで1月半ほど、復職までは2ヶ月以上あるので何か新しい勉強をしようと思い、思い立って、edXでMITが提供している"Data Analysis for Social Scientists"を受講することにしました。 www.edx.org 正直しんどい。なぜ私は…

あたしおかあさんだから、持てる能力を出し切るの。

先の週末、修論の公聴会の準備をしていたら、世の中は、「あたしおかあさんだから」「あたしおかあさんだけど」に溢れていました。既に下のように書いたけれど、#あたしおかあさんだけど 子どもが3歳のときにコンサルに転職したし、その後大学院にも進んだし…

4ヶ月児を育てながら1ヶ月で3万字以上書いた私の方法

あけましておめでとうございます! 遅いですね。しかし私のブログ的な意味での新年は、修士論文を書き上げない限り訪れなかったのです。 本日、やっと提出を終えましたので あたい、この論文を書き上げたら、「4ヶ月児を育てながら1ヶ月で3万6000字を書き上…

2017年の振り返りと、これから開ける可能性について

2017年もあと少し。 4ヶ月児を実家に預けて、卒業以来の高校の同窓会なるものに行ってきて、帰りの電車の中で今年を振り返る。 何より今年は、出産にまつわる生物的営みに左右される時間が多かった。とはいえ学会発表もできたし、修論を書き上げれば生産的な…

地方暮らしと子育てとワーキングペアレントのキャリアについて

このところ相次いで読んだ記事から。妻・詩織さんが明かす「石井琢朗が広島からヤクルトに移籍した理由」(石井 詩織) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)はてなブックマーク- 妻・詩織さんが明かす「石井琢朗が広島からヤクルトに移籍した理由」(石井 詩織)…

読書:ビジネスパーソンのための法律を変える教科書

あんまりオンラインでは言ってなかったけど、私はすごく「産学官連携」という営為に興味があって*1、その関連でロビイングにも関心を持ってます。ビジネスパーソンのための法律を変える教科書作者: 別所直哉出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワ…

読書:BCGが読む 経営の論点2018

BCGが読む 経営の論点2018作者: ボストンコンサルティンググループ出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2017/11/23メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る午前中、赤子の朝寝のベッドとしての崇高な使命を果たしながら気分転換…

読書:「小学校教師だからわかる 子どもの学力が驚くほど上がる 本物の家庭学習」

長女は小学2年生で、ついこの間まで九九の暗記に取り組んでいました。 そのころから算数において少し気になっていたのが、 「内容は理解しているが、詰めが甘い」 ことでした。複数の単元でケアレスミス(しかも類似のミスを繰り返す)が起きていたので、こ…

Google Home miniによる「問い」の立て方のレッスン

半額だったのでGoogle Home miniを買いました。今のところ、小2長女が、 「OK Google!何かおはなしして!」 と指示して小噺を聞き続けるのと、 「OK Google!歌って!」 と言って遊ぶくらいなんですが、子どもにとっては、 明日の天気を聞ける (英語を習い…

coquelicotlogの人生棚卸:ワーキングマザーによるキャリア形成との闘争編(転職もあるよ!)

改めて振り返ると我ながら「無茶しやがって…」と思う面もあるな。。

coquelicotlogの人生棚卸:転進記

coquelicotlogの人生棚卸:法務編

2年半弱の法務編。

coquelicotlogの人生棚卸:新卒→法務への転職

はてなブログに移したのを機に、古いエントリのフォーマット崩れを少しずつ直そうと思って読み返してると、10年近くの自分の移り変わりが分かって面白かった。自己紹介としてのブログ、という観点から、リンク作ってみる。 新卒で入社した会社にて出産、初め…

原点回帰、はてなブログへ

私がこのcoquelicotlogというハンドルネームを使い始めて何年経ったかは忘れたのですが、それなりの長い期間、はてなから始まってTwitterでも使ってきて、頻度は低くなりましたが独自ドメインでブログも書き続けてきました。 今年は育休を取っているので、久…

抱っこひも収集家による新たな商品の探索記録

産後3週間が経過しました。我が家の次女は順調に大きくなっており(先日出した1日平均成長率は1.12%)、表情や反応も多彩になってきて面白いのと同時に、いわゆる「魔の3週目」らしいぐずりなども見られております。ググり続けて良さそうな対策があれば試し…

第二子出産記―労働と学問と出産と

去る8月24日、第二子となります二女を、 予定帝王切開にて出産いたしました。 ありがたいことに母子ともに健康にしております。 ここで、前回の記事などをお読みいただいた方は「あれ?」とお思いかもしれません。 そう、今年6月に私が書いたのは 「転職(出…

転職(出産後3回目)から2年、大学院入学から1年少し経っての雑感

お久しぶりです。忙しいと書かないのがブログというものなのかもしれませんが、季刊の域を超えておりました。ただ、自己の記録としてもまとまった文章は書いた方がいいなあ、と思ったりもして、久々にキーボードをたたいております。当方、2年前に関西に転居…

2016-2017年末年始の読書(予定)

ブログの書き方を忘れるくらいに書いておりませんでした。お久しぶりです。前回 書いたとおり、仕事しながら小学1年生の母もしながら大学院に行き始めまして、正直余暇の時間はあまり生産性の高いことをしたくなく(10年ぶりくらいにアニメにはまって見てま…